Art Works


by cocoloe-azuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

陶芸家と絵描き。

何年か前に父と話した時のこと。

父にとって陶芸とは?

父の場合は、昔の陶器の絵柄や形、模様の出方をずっと研究しているのだそうです。
まったく同じになるように再現しようとしているんだそうです。


正直、よく分からなかったです。


絵は新しいものを追求していき過去のものと同じものは受け入れられないから・・・
でも陶芸は違う・・・

陶芸家とはそういうものなのかなぁと変に壁を作られたようなそんな気分でした。

とはいえ父の作品を見ていると、
そればかりではなくて新しいオリジナルのものもたくさん作ってます。(-v-)

ただ向かう先がまったく違っていたのでした。。。

c0130205_852917.jpg
  
こうして料理(ってほどのものじゃないけれど)を乗せてみると
またいいんですよねぇ。食べ終われば鳥さんが出てくるし。
こういう変化で人を楽しませるのが陶器の魅力だと思う。 
 
←ポチッとお願いします。
[PR]
by cocoloe-azuki | 2008-10-21 08:35 | 日記 Diaries